​世界で唯一の重金属検査

水銀検査法における新国際基準

血液学

一般的な水銀検査

​これまでの体内の水銀では血液の中にどれくらいの水銀量があるかどうかを調べていました。

新国際基準の検査は、尿、血液、毛髪の3つの検体をLABOに提出して検査します。

2種類の

”新”重金属検査

3つの検体を調べることで、その人にどれくらいの排出能力があるかを調べる事ができます。

血液の中に多く水銀が含まれていても排出能力が高い場合は問題ありません。しかし、明らかな不定愁訴があるのに、毛髪にも尿にもあるいは血液にも水銀量が多く見られない場合があります。その場合、排出能力が無く体内に保持してしまっている可能性が大いに考えられるのです。

また、​ミネラル検査も合わせて可能です。

QSの検査でわかること

 

マーキュリートリ検査

【Mercury-Tri Test】

通常、人体内で検出される水銀には、2つの異なるタイプがあり、その原因も異なります。メチル水銀と無機水銀です。

これらを分離する検査方法はQukicksilver Scientificの特許技術です。

両方の水銀を直接検査することを水銀種別試験と呼びます。

これまでの検査は血液中の総水銀量を見ていたため、どちらの水銀が身体に蓄積されているのか判断ができませんでした。

 

クイックシルバーサイエンティフィックは、現在、臨床サンプルで水銀種別試験を行う世界で唯一の民間試験機関です。クイックシルバーサイエンティフィックの水銀テストを受けることで、あなたが持っているかもしれない問題にアドバイスするために必要な情報が、あなたの医師に提供されます。

01

​水銀排出能力

​尿中に排出される無機水銀と毛髪に排出されるメチル水銀量を図ることで水銀の排出能力を調べる事ができます。

02

暴露源

​無機水銀とメチル水銀は暴露源が明確です。

03

水銀負荷

体内(血中・尿中・毛髪)にどれだけの量の水銀が蓄積しているかがわかります。 

ブラッドメタル検査

【Blood-Metals Panel】

血中の多岐にわたる栄養元素や毒性金属の量を測定します。

善玉金属(ミネラル)と悪玉金属を計測します。悪玉金属は数値が低いことを確認します。

​必要なミネラルもバランスが取れていないと意味がありません。

01

カルシウムとマグネシウムのバランス

心血管系のリスクを判断

02

銅と亜鉛のバランス

神経系へのリスクを判断

03

その他善玉金属・悪玉金属

ミネラル:カルシウム、銅、リチウム、マグネシウム、マンガン、モリブデン、セレン、亜鉛

悪玉金属:ヒ素、カドミウム、コバルト、鉛、水銀、銀、ストロンチウム

​@Quicksilver Scientific 日本輸入総代理店