Quicksilver Scientific 

体内の重金属排出システム

身体に不必要な物質の排出は人体に固有の自然なプロセスです。

 時間の経過とともに、私たちの体は環境、食物源、そして「銀」で作られた歯の詰め物(水銀アマルガム)からさまざまな毒性のある物質を蓄積してしまいます。その物質を蓄積するにつれて、私たちは自分自身を排出する能力が低くなります。効率的な排出は、毒性物質を結合して分子をシャトルし、排出経路を通してそれらを「エスコート」する一連のシームレスな反応に依存しています。グルタチオンシステムは排出システムの最も重要であり、グルタチオンおよび一緒に働く酵素が含まれています。

 排出プロセスは3つのフェーズI、フェーズII、フェーズIIIで進行します。排出システムの機能不全は、体内での有毒元素と化合物の蓄積の最も一般的な根本原因です。

真の健康には、すべてのフェーズがバランスよく機能する必要があります。そうしないと、システム全体が適切に機能しません。

 

水銀およびその他の重金属(たとえば、鉛、カドミウム、ヒ素)の無害化を成功させるには、3つの基本条件が必要です。

  1. 完全に機能するフェーズIII解毒輸送システム(MRP1&2、OATP)

  2. 完全に機能するフェーズII酵素、グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GTS)

  3. 十分な細胞内グルタチオンレベル

腸の炎症は、体の自然な排出経路の強力なダウンレギュレーションを引き起こすことにより、毒性物質の排除を阻害します。

残念ながら、農薬、化学物質、特定の毒素、たとえば歯科用水銀アマルガム(「銀」の詰め物)の腐食副産物への曝露は、腸の炎症の原因となります。炎症に加えて、金属の蓄積だけで輸送タンパク質が遅くなることが示されています。データは、腸からの金属の継続的な除去が自然の排出プロセスの適切な毎日の機能に不可欠であることを示唆しています。

金属の継続的な除去は、専門の医師主導の毒素排出プログラムが最も重要です。

​@Quicksilver Scientific 日本輸入総代理店